皆さまのココロをはこぶトラック輸送。静岡県トラック協会です。

  • 静岡県トラック協会とは
  • 一般の皆様へ
  • 社会的取り組み
  • フォークリフト講習等のお知らせ
  • 会員の皆様へ
  • 青年部会
トップページ > 一般の皆様へ > 第9回SBSラジオCMコンテスト
『第9回SBSラジオCMコンテスト』結果報告
静岡県トラック協会のCMが最優秀賞に輝きました!

 

 静岡県トラック協会では、一般の皆様に向けて、トラック運送業界の取り組みや活動状況、業界が抱える諸問題等に関する理解を求めるとともに、トラック運送業界のイメージアップと社会的地位の向上を目的とした広報事業の一環として、静岡放送が主催する「第9回SBSラジオCMコンテスト」に協賛いたしました。

 

 13団体が協賛して平成27年5月18日~7月18日の2ヶ月間実施した本コンテストには合計4,423点の応募があり、最優秀賞には、静岡県トラック協会CMコピーを作られた東京都の長井謙さん(25)の作品『スマートフォン篇』が選ばれました。また、静岡県トラック協会賞(協賛社賞)としては、愛知県の巽紀貴さんの作品『日常篇』が選ばれました。

 

 10月7日、静岡新聞放送会館(静岡市駿河区登呂)で表彰式が行われ、協賛社賞の13作品、審査員特別賞2作品、優秀賞2作品と最優秀賞1作品が表彰されました。

 最優秀賞を受賞された長井さんは、デジタル化が進んでも、トラックはなくならないのではないかと思った。このような賞を貰えて素直に嬉しいです。と話しました。

 本コンテストの受賞作品は、11月~3月までの5か月間、SBSラジオCMとして放送されます


★第  9回コンテスト入賞作品(視聴)

★第10回コンテスト入賞作品(視聴)

 

ラジオCMコンテスト

▲ 巽 紀貴さん(左から2番目:静岡県トラック協会賞)

  長井 謙さん(右から2番目: 最優秀賞)

 

 

【トラック運送業界の現状】

 トラック輸送は、日本の国内貨物輸送量の90%以上を担っており、日本経済の発展と国民生活の根幹を支えています。また、先の東日本大震災では、いち早く被災地への物資輸送の架け橋となりました。 トラックが止まれば国民生活が止まる

 トラック輸送は、国民の日常生活はもとより緊急時の生活をも支える重要な産業です。

 

 しかしながら、現在のトラック運送業界は、燃料価格の高騰や自動車関係の多くの税金をはじめ、安全確保・環境保全等にかかる様々な課題が山積しています。また、今後は深刻なドライバー不足になると予想されており、中小・零細企業が主体であるトラック運送業界の経営環境は非常に厳しいものとなっています。

 

 このような環境にあっても、我々トラック運送業界では、現在の日本における質の高い物流」(時間指定、確実な輸送、安全運行、輸送に付帯する各種業務)誇りと責任感を持って、今後も維持していくために日々企業努力を重ねています。