皆さまのココロをはこぶトラック輸送。静岡県トラック協会です。

  • 静岡県トラック協会とは
  • 一般の皆様へ
  • 社会的取り組み
  • フォークリフト講習等のお知らせ
  • 会員の皆様へ
  • 青年部会
一般の皆様へ
トップページ > 一般の皆様へ > 降積雪期における輸送の安全確保の徹底について

トピックス・ニュース


降積雪期における輸送の安全確保の徹底について

  2012年12月26日

 今般、毎年雪による自動車事故等が多く発生している状況を踏まえ、中央防災会議会長(内閣総理大臣)から事故防止対策の徹底に努めるよう通知がされました。
 これから本格的な降積雪期を迎える中、輸送の安全確保等に遺漏のないよう、次の事項について徹底し、さらなる事故防止対策に取り組まれますようお願いいたします。

【トラック関係】
1.気象情報や道路における降雪状況等を適時に把握し、以下の対策を講ずることにより、輸送の安全確保に万全を期すこと。

①積雪・凍結等の気象及び道路状況により、早期にスタッドレスタイヤ及びタイヤチェーンを装着するよう徹底を図ること。なお、スタッドレスタイヤへ交換する際は、ホイール・ボルトの誤組防止、締付トルクの管理を確実に行うこと。

②点呼時等において、運行経路の道路情報、道路規制情報、気象情報に基づき、乗務員に適切な指示を行うこと。

③積雪・凍結時における要注意箇所の把握に努めること。

④気象状況が急変し、安全運行が確保できないおそれがある場合は、運行計画の変更等の適切な措置を講ずること。

⑤乗務員に対して、スリップの要因となる急発進、急加速、急制動、急ハンドルを行わないよう指導するとともに、道路状況、気象状況に応じた安全速度の遵守、車間距離の確保について指導を徹底すること。



- \1