皆さまのココロをはこぶトラック輸送。静岡県トラック協会です。

  • 静岡県トラック協会とは
  • 一般の皆様へ
  • 社会的取り組み
  • フォークリフト講習等のお知らせ
  • 会員の皆様へ
  • 青年部会
一般の皆様へ
トップページ > 一般の皆様へ > 荷造りのポイントその1

かしこい引越し

icn_ya 荷造りのポイントその1 icn_ya 荷造りのポイントその2 icn_ya 荷造りのポイントその3


荷造りのポイントその1


ワレモノ

小皿、茶碗などは1個ずつ食器専用紙、新聞紙などで包み、段ボール箱の底にクッション材を敷いて、縦にして詰めます。(同型、同じ大きさのものを入れます)人形ケースは周囲を布ギレで固定し、ガラスの面の角に段ボールを当て、ひもで十文字に固定します。
ワレモノは梱包したあと、中身が分かるように段ボール箱に「ワレモノ」と品名を明記しておきます。


ビン類

ビンのふたをきっちり閉め、1本ずつエアキャップや新聞紙などでていねいにくるみ、立てたまま箱に詰めます。ビンであることが分かるように、箱のふたを開けたままにします。
 割れ物




知ってると便利
転居先の立地条件の確認を
引越し当日のトラブルを防ぐために、転居先の前までトラックが横づけできるかどうか、道路幅や一方通行、搬出入口などの立地条件を確認しておきましょう。



書物

小さめの段ボール箱に1箱あたり20kg以下におさえます。ひもで縛ると大切な書物の表面に傷がつくことがありますのでご注意してください。


衣類

衣類の荷づくりは、普段の要領で、分別しながら行うとよいでしょう。
シワになりやすいスーツなどは、運送事業者で用意するハンガーボックスを使うと便利です。
 

布団

布団や毛布は、積み上げたあと布団袋を逆さにかぶせると簡単に収納できます。中にカガミやガラスなどの割れやすいものは絶対に入れないようにしましょう。


衣類

知ってると便利
転居先の下見と見取りの作成を
事前に転居先を下見しておき、コンセントやガス栓の位置、柱の出っぱりなどを調べ、家具の配置図を作成しておきましょう。この家具の配置図に従えば、当日はスムーズに作業が運びます。